創設者の想い

市江由紀子

障害者は、長い歴史の中で、社会的弱者とされ、一方的に助けられ守られる立場で存在していました。
しかし、私たちは、障害の有無に関わらず、それぞれが与えられた能力を発揮し、この街の中で、支え合い、励まし合い、想いを語り合う中でお互いに高め合っていく関係を築いていきたいと考えます。

「障害」は、不幸なことではありません。
ただ、今の社会環境の中で、不便さや不自由さを感じることはあります。
そのため私たちは、障害のある人たちの物理的な不自由さを少しでも軽減するためのサポート(ヘルパー派遣事業)と誰もが与えられた能力を最大限に発揮し、自信を持って社会参加できるようなサポート(エンパワーメント事業)に取り組んでいきます。

障害者サポートセンター舞夢 市江由紀子

メッセージボードMessage

  • 2019年9月のメッセージ

    人はみんな

    誰かに求められたいと

    思ってる

     

    人はみんな

    誰かの役に立ちたいと

    思ってる

  • 2019年3月のメッセージ

    私には

    出来ないことがたくさんある

    でも

    私にしか

    出来ないこともある

    だから

    自分に与えられた

    役割を担うために

    今日を生きる

    そんな生き方が出来たら

    素敵だなぁって思う

  • 2018年8月のメッセージ

    生きるのって
    苦しいなぁって思う
    生きるのって
    辛いなぁって思う

    でも
    楽しい瞬間がある
    嬉しい瞬間がある

    その輝く瞬間と出会えるから
    生き抜く力になるんだと思う

  • 2018年3月のメッセージ

    今日を生きる
    今を生きている

    それだけで
    もう充分

  • 2017年10月のメッセージ

    昨日を後悔するより
    昨日に学びたい

    明日を不安がるよりも
    明日に希望を持ちたい

    今日を我慢して過ごすよりも
    今日を精一杯に生きたい

    生かされている目的を
    成し遂げたいから

  • 2017年5月のメッセージ

    会いたい人がいるから
    聴きたい音があるから
    眺めたい空があるから
    感じたい風があるから
    守りたい心があるから

    今日も一日
     生きてみよう
    もう少しだけ
     歩いてみよう

  • 2016年12月のメッセージ

    今日
    できなかったことが
    あってもいいんだよ
    そのために
    明日が
    あるんだから

  • 2016年9月のメッセージ

    誰も その人だけの
    役割を持って
    生かされている

    それと同時に
    そのために必要な力も
    ちゃんと与えられてる

    足らない気がするのは
    きっと私が
    欲張り過ぎているから

  • 2016年7月のメッセージ

    ひとりぼっちは不安だから
     誰かとつながろうとする
    ひとりぼっちは怖いから
     誰かと一緒に居たいと思う
    ひとりぼっちは寂しいから
     誰かと話がしたくなる

    特別なことじゃない
     きっと みんなそう思ってる

  • 2016年2月のメッセージ

    いつも
     笑っていられる訳じゃない
    いつも
     前向きでいられる訳じゃない
    いつも
     信じていられる訳じゃない

    人の心には
     弱さが隠れているから

    でも 大丈夫だよ

    人はきっと
     笑えるように
      つくられているから
     信じられるように
      つくられているから

  • 2016年1月のメッセージ

    未來(あした)への希望を失った時
    人は生きる力を
    なくすのかもしれない
    
    今日(いま)がどんなにつらくても
    未來(あした)への希望がある限り
    人はきっと
    生きていけるのだと思う
    	
  • 2015年9月のメッセージ

    寄り添うのって
    素敵なことだと思う
    
    共感するのって
    大切なことだと思う
    
    それだけで 人は
    試練や苦しみの中でも
    生きていく力を
    持てるのだと思う
    	
  • 2015年7月のメッセージ

    不自由さゆえに
    人の力を借りて生きる日々
     
    だからこそ人一倍
    人と深くつながろうとする
     
    深くつながることで
    悩むこと 傷付くことも
    少なくはない
     
    それでも やはり
    つながりたいと思う
     
    どんなつながり方でも
    つながれるって やっばり
    幸せだなぁと思う
    	
  • 2015年5月のメッセージ

    一人で生きられる人よりも
    支えられながら生きる人は
    豊かなのかも知れない
     
    一人で生きられる人よりも
    助けがないと生きられない人は
    幸せなのかも知れない
     
    出来ないことがあるから
    人は人とつながれる
     
    出来ないことがあるって
    本当は
    幸せなことなのかも知れない 
    	
  • 2014年4月のメッセージ

    悲しみがなかったら
    
    気付かなかった優しさがある
    
     
    
    立ち止まらなかったら
    
    見えなかった風景がある
    
     
    
    弱さがなかったら
    
    語れなかった言葉がある
    	
  • 2014年3月のメッセージ

    特別な才能があるから
    
    人の心を動かせるのではなく
    
     
    
    与えられた能力を
    
    最大限に使おうと
    
    努力する姿が
    
    人の心を動かすんだね
    
     
    
    そんなふうに
    
    人の心を動かす
    
    生き方がしたいと思う
    	
  • 2014年2月のメッセージ

    どんなに悔やんでも
    
    きのうは変えられないんだよ
    
     
    
    だから きのうを悔いて
    
    立ち止まらないで
    
     
    
    勇気を持って踏み出す一歩は
    
    きっと あしたを変えられるよ
    
     
    
    あしたへの希望があるから
    
    今日が輝くんだよ
    	
  • 2013年11月7日のメッセージ

    年の瀬を迎え
    
    「年忘れ」という言葉が飛び交う
    
     
    
    忘れるのではなく
    
    今年出逢った素敵な人
    
    今年食べた美味しい物
    
    今年見つけた美しい景色を
    
    ひとつひとつ
    
    思い起こしながら
    
    この年を終えたいと思う
    	
  • 2013年7月30日のメッセージ

    一人では 抱えきれない
    
    試練や困難によって
    
    自分が たくさんの人に
    
    支えられていることに
    
    気付かされた
    
     
    
    一人で解決しようと
    
    踏ん張っていた自分が
    
    恥ずかしくなった
    	
  • 2013年5月20日のメッセージ

    ホッと出来る人
    
    ホッと出来る場所を
    
    たくさんもっている人ほど
    
    しあわせな人だという
    
     
    
    自分は何人の人にとって
    
    ホッと出来る人になれているか…
    
     
    
    大切な人の顔を思い浮かべながら
    
    指折り数えるその時間こそが
    
    私にとって
    
    とてもしあわせな時間だった
    	
  • 2013年5月29日のメッセージ

    消えない悲しみがある
    
    消せない苦しみがある
    
    でも
    
    それを誰かに伝えられて
    
    誰かと一緒に抱えられたら
    
    それだけで
    
    ずっと楽になれる
    	
  • 2013年5月20日のメッセージ

    私が弱さを持たなかったら
    
    あなたの弱さに
    
    寄り添えなかった
    
     
    
    私が悲しみを知らなかったら
    
    あなたの悲しみに
    
    寄り添えなかった
    
     
    
    私に欠けたところがなかったら
    
    あなたの欠けを
    
    受け入れられなかった
    
     
    
    弱さも悲しみも欠けも
    
    そのひとつひとつが
    
    あなたに出会うために
    
    備えられた宝物
    	
  • 2013年3月10日のメッセージ

    特別な才能が
    
    与えられるよりも
    
     
    
    豊かな財力が
    
    与えられるよりも
    
     
    
    健康な身体が
    
    与えられるよりも
    
     
    
    ありのままの私を認めて
    
    愛してくれる人がいることが
    
    一番 幸せだと思う
    	
  • 2012年12月5日のメッセージ

    明日はきっと
    
    今日よりも
    
    ほんの少しだけ
    
    いい日になる
    	
  • 2012年11月のメッセージ

    自分と違う考え方を
    
    受け入れられる
    
    強さが欲しい
    
    違う意見があることは
    
    自分を否定することには
    
    ならないのだから
    	
  • 2012年10月30日のメッセージ

    喜んでくれる人がいるから
    
    笑ってくれる人がいるから
    
    待っててくれる人がいるから
    
     
    
    今日も頑張れそうな気がするよ
    	
  • 2012年10月12日のメッセージ

    人は 人と交わることで
    
    成長できたり
    
    豊かさや幸せを感じられる
    
    生き物なんだね
    	
  • 2012年10月9日のメッセージ

    0スタートの人生って
    
    なかなかいいなぁって思う
    
     
    
    出来て当然と
    
    思われて始まる人生は
    
    出来ないことが
    
    引き算される人生だけど
    
     
    
    出来なくて当然と
    
    思われて始まる人生は
    
    出来たことが
    
    どんどん足し算される
    
    人生なんだよ
    
     
    
    0スタートの
    
    足し算の人生って
    
    とっても幸せだと思う
    	
  • 2012年7月10日のメッセージ

    何かひとつを選ぶということは
    
    それ以外の選択肢を
    
    すべて捨てるということ
    
     
    
    だから 大きな決断の時
    
    心が苦しむんだね
    
     
    
    でも その苦しみの数だけ
    
    選んだものを大切にできるはず
    
    その苦しみの分だけ
    
    選んだ道に 確信を持って
    
    歩み出せるはず
    	
  • 2012年5月30日のメッセージ

    誰でも 自分の中に
    
    欠点や弱さを抱えて生きている
    
     
    
    人の「弱さ」を認めて
    
    人の「弱さ」に寄り添うには
    
    まず
    
    自分自身の「弱さ」を
    
    ありのまま受け入れることが
    
    必要なのかも知れないね
    
     
    
    とっても難しいことなんだけどね
    	
  • 2012年2月4日のメッセージ

    前向きに
    
    頑張ってる私も
    
    心が疲れて
    
    もう頑張れない私も
    
    どっちも 本当の私
    
     
    
    頑張ってる私は
    
    きっと誰かが褒めてくれるから
    
    頑張れない私を
    
    私が たくさん褒めてあげたい
    	
  • 2012年1月31日のメッセージ

    「もう 誕生日が嬉しくない年です」
    
    そんなことを言う人がいるけど
    
    誕生日は いくつになっても
    
    自分にとっては 特別な日だよ
    
     
    
    産んでくれた親に感謝し
    
    生かされている命に感謝し
    
    特別な日を迎えられたことに感謝し
    
     
    
    その日を過ごした
    	
  • 2011年12月26日のメッセージ

    クリスマス
    
    子どもたちに
    
    たくさんのプレゼントを渡しながら、
    
    渡す自分が 一番ワクワクしていることに
    
    ふと気づく
    
    贈り物って
    
    実はそんな物なのかも知れませんね
    
    子どもたちが目をキラキラさせて喜ぶ姿が、
    
    何よりの 自分へのプレゼントになった
    
    そんなクリスマスでした
    	
  • 2011年9月23日のメッセージ

    同じ所が欠けてたら
    
    補い合うことは難しいけど
    
    それぞれ
    
    欠けてるところが違うから
    
    相手の欠けを
    
    補ってあげられるんだよね
    
     
    
    欠けがない人になることよりも
    
    違う欠けを持つ人を
    
    補える人になりたいと思う
    	
  • 2011年9月15日のメッセージ

    どんな褒め言葉よりも嬉しいのは
    
    「いてくれて ありがとう」
    
    そんな ひとこと
    
     
    
    何かをして褒められるよりも
    
    無条件で わたしの存在を
    
    喜んでくれてる
    
     
    
    そんな言葉を聞きたくて
    
    わたしは また
    
    人に会いに 出かける
    	
  • 2011年9月6日のメッセージ

    完璧な人間なんて どこにもいない
    
    誰にでも 得手不得手があり
    
    誰にでも 長所も短所もある
    
    100%出来なかったことで
    
    落ち込まないで
    
    0%じゃなかったことに
    
    自信を持てたらいいね
    
    今日も一生懸命やった と言えたら
    
    きっとそれで 充分だよね
    	
  • 2011年7月5日のメッセージ

    向き合う関係もいいけど
    
    肩を並べて
    
    同じ目標に向かう関係は
    
    もっとステキだ
    
     
    
    向き合う関係は
    
    時に衝突もするが
    
    肩を並べて
    
    衝突はしづらい
    
     
    
    多くの人と出会う日々
    
    向き合うのではなく
    
    肩を並べる関係を
    
    どれだけの人と
    
    作れるだろうか
    	
  • 2011年5月19日のメッセージ

    自分が知らないところで
    
    自分のことを考えてくれてる人がいて
    
    その人が 自分のことを思いながら
    
    時間を過ごしてくれてるって
    
    なんか幸せな気持ちになるよね
    
    たまには 誰かのことを考えながら
    
    その人に手紙を書いたり
    
    その人のために祈ったり
    
    そんな「時間の贈り物」をしてみる
    
     
    
    ステキな時間の使い方だと思う
    	
  • 2011年3月17日のメッセージ

    東日本大震災のニュースに
    
    釘づけになった
    
    自然の脅威と人間の無力さ
    
    あまりの悲惨な映像に
    
    本当に同じ日本で起きている
    
    出来事なのかと目を疑いたくなる
    
     
    
    障害のある被災者を思うと
    
    更に胸が痛む
    
    自由に動けない体で
    
    どれほどの不安や恐怖の中で
    
    過ごしておられるのか
    
     
    
    一刻も早い救助と復興を
    
    祈るばかりだ
    	
  • 2011年3月3日のメッセージ

    「あなたに手を貸してくれた人は
    
    みんな嬉しそうな顔してるね」
    
    母が幼い日の私に話してくれた
    
    この言葉が 私の障害肯定の原点だ
    
    人を助けて
    
    気分が悪くなる人はいない
    
    「あなたを助けた人は、きっと
    
    その日一日、いい気分でいられる
    
    あなたは、体が不自由で
    
    沢山の助けが必要だけど
    
    それだけ沢山の『いい気分』を
    
    みんなにあげられるのよ」
    	
  • 2011年2月20日のメッセージ

    三寒四温を繰り返しながら
    
    ゆっくりと春が近づいて来ているようだ
    
    昨日、窓から空を眺めていたら
    
    たくさんの鳥たちが、次々と
    
    西へ向かって飛んで行った
    
    渡り鳥だろうか…
    
    いまが、出発の日であることを
    
    誰が鳥たちに告げたのだろうか
    
    いっせいに旅立つ鳥たちを見送りながら
    
    春の訪れに心が躍った
    	
  • 2011年2月17日のメッセージ

    大雪に
    
    インフルエンザの大流行
    
    冬の厳しさが
    
    身に沁みますね
    
    でも
    
    冬が厳しければ 厳しい程
    
    きっと
    
    春の喜びは大きくなるはず
    
     
    
    もう少し もう少し
    	
  • 2011年2月のメッセージ

    車いす生活の私の趣味は旅行
    
    北海道の雄大な自然に憧れ、
    
    諏訪湖では湖上の花火を眺め、
    
    長崎の原爆資料館で平和を願った
    
    その土地の味も、旅の楽しみの大切な要素
    
    和歌山で食べた伊勢エビ
    
    高知のはらんぼの塩焼き、仙台の牛タン…
    
    病気の進行によって、
    
    好きな物を自由に食べられなくなった今も、
    
    その味は、脳裏にしっかりと刻まれている
    
    もうすぐ春
    
    さて次は、どこへ出かけようか
    	
  • 2010年11月9日のメッセージ

    みんなと違う意見でも、
    
    それは間違いじゃない
    
    人が楽しいと思うことを、
    
    つまらないと思ってもいいし
    
    それを口に出して言ってもいい
    
    聞く人たちも自分と違う意見を
    
    否定せずに批判せずに聞く練習が必要だし
    
    意見を言う人も、
    
    自信を持ってそれを言う練習が必要だ
    
    とても難しい課題だけど
    
    とっても大切なことだと思う
    	
  • 2010年11月2日のメッセージ

    北国からは初雪のニュースが届き、
    
    テレビコマーシャルからは
    
    クリスマスキャロルが流れ始めた。
    
    今年も、残り2か月をきった。
    
    年々、一年が過ぎるのが
    
    早くなっている気がする。
    
    でも、焦らなくてもいいんだ。
    
    それはきっと、
    
    今が充実している証拠だから。
    	
  • 2010年10月26日のメッセージ

    偶然、ネット上で出会った一冊の本に
    
    すっかりハマッテしまった。
    
    亀のイラストに短い言葉が添えられた
    
    ポストカードブックだ。言葉は短いが、
    
    伝わってくるメッセージは驚く程強い。
    
    言葉を尽くさないと思いが伝わらない。
    
    そんな気がして多くの言葉を並べる私。
    
    結亀さんの作品は、そんな言葉が持つ
    
    力の強さを教えてくれた。
    	
  • メッセージ1

    消えない悲しみがある
    
    消せない苦しみがある
    
    でも
    
    それを誰かに伝えられて
    
    誰かと一緒に抱えられたら
    
    それだけで
    
    ずっと楽になれる
    	
  • メッセージ2

    明日はきっと
    
    今日よりも
    
    ほんの少しだけいい日になる
    	

上へ戻る